ホーム > 歯周病治療について

歯周病治療について

歯周病治療について

歯周病については、
もっともっとたくさんの人に「いらしてほしい」と思っています。


30歳以上の成人の8割が歯周病を持っていると言われています。
しかしその多くは自覚症状がなく、ばい菌がじわじわと口の中をむしばんでいます。
そしてそれはやがて痛みや出血をともない、歯がグラグラとなり、それでも放置してしまうと全身疾患へと発展してしまうことも。
そうなってしまう前に、できれば自覚症状がない方でも、歯科医院へ足を運んでいただければと思います。

歯周病を診断し治療できるのは歯科医師だけです。
手遅れとなる前に、検査を受けにいらしてください。



こんな方は一度歯科へ

こんな方は一度歯科へ

歯から出血がある
口臭がする
歯がグラグラしている
歯並びや噛み合わせに違和感を抱くようになった

このような症状があると歯周病はかなり進行している状態です。必ず歯科で診てもらうようにしましょう。
「虫歯になったことがない」「歯医者に通ったことがない」という方ほど危険かもしれません。
歯周病は慢性的なものなので、なかなか自分で気づくことはできません。

これまで口腔内の症状で悩んだことがない方も、30代を過ぎたら一度は歯科へ。

歯周病の治療法

初期段階の方

歯周病は完全に治すのは難しく、「進行を止めること」が第一の治療法となります。

治療はまず歯石の除去。
歯の周りの汚れを隅々まで落とします。歯周ポケットの深い人にはルートプレーニングも丁寧に行い、進行を食い止める最大限の措置をします。

さらにブラッシング指導も行いますので、正しい磨き方でこれ以上歯周病が進むのを防ぎましょう。

歯がグラグラになってしまった方

当院としてはできる限り患者さまご自身の歯でいてほしいと願っています。
歯がぐらついてしまった方には、歯牙固定といって、接着剤を使って隣の歯とくっつける施術を行います。

歯肉増殖になってしまった方

歯周病が歯肉に悪さをすると、歯肉が大きく腫れ上がってしまいます。
このような症状の方にはレーザーにて大きくなった歯肉を切除します。
短い時間で、治療痕もほとんどない安全な治療です。

歯を抜いた方

歯周病が進みすぎてやむを得ず歯を抜くことになった方へは、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの、抜けた部分へのメンテナンスをしていきます。
それと同時に他の歯の歯周病進行を予防できるよう最善の治療を行います。

最も大切にしたい、歯周病予防

最も大切にしたい、歯周病予防

一度なってしまうと回復が難しい歯周病。手遅れになってしまう前に、進行を止めるための予防を講じることが第一です。

歯科での定期的なメンテナンス、そして正しいブラッシング。
器械的な動作を日々行うことが最大の予防ケアになります。

歯間ブラシやデンタルリンス(マウスウォッシュ)もあわせて利用するとなお効果的です。
効果的な予防法をアドバイスしますので、一度検査を受けに来ていただければと思います。
お待ちしています。